2008年01月20日

「根性無し!!!」と言われても結構です / 日和佐で磯フカセ釣り

今年の磯釣りは日和佐から、というわけで、S師匠と徳島県の日和佐へ行きました。
天気が少々不安だったんですが、「昼くらいまではもつやろ?」、「少々荒れてたくらいが食いが良い。」などと都合の良いように考えながら、予定決行。

AM3:00にS師匠と合流。雨はもちろん風もほとんど無く、「良い釣り日和」などと話しながら、目指すは「いはら釣具 小松島店」。
いつも店の前に並んでいる解凍オキアミの量で、釣り場の混雑を予想するのですが、今日は多くもなく少なくもなく、といったところ。釣り客はそこそこ、といったところでしょうか。
オキアミの生(Mサイズ)とボイル(Lサイズ)の3kgブロック各1枚と、集魚材2袋、加えて食わせ用の加工生オキアミを仕入れて準備万端。付け餌はボイルをメインに加工生。水温も下がり、餌取りも減ってるでしょうから、生も試してみる予定。
LAWSON 阿南上中町店」で人間の餌を買い、準備はすべて整いました。
いざ、日和佐港。

AM5:00が近づき、日和佐港も目前というところで、そいつ雨はやってきました。
車のフロントガラスにぽつりぽつり。
「おお、来たか。」、「昼まではもつはずやたのに。」、「まあ、このくらいなら釣りの邪魔にはならんわ。」、「風が吹いたらじょんならんけど、このくらいの雨やったら問題ないわ。」などと、二人の会話の内容が、表には出さないものの徐々に不安に支配されていきます。

今日ももちろんお世話になるのは「山戸渡船」(TEL : 0884-77-0059)。
出港時間のAM6:30には、総勢十数人の釣り師が集合。
空は暗く、雨はたいしたことはないものの、やむ気配は無し。おまけに時折突風。港の中も少々波気が見られます。
「ええ釣り日和じゃ。」、「偏光グラスもいらんのぉ。」などと、皆、自分に言い聞かせるように陽気に振る舞います。

今日は港の中で磯割り抽選。他の船は1隻のみ。
山戸丸は『甲浦の平バエ』より下に決定。港を出ると、波はそれほど高くないものの、時折、大きなうねりが来る、という状況でした。
S師匠曰く、「折り返してきて、『大磯』か『平家』に上がろう。」とのこと。
二つ返事でOK。こんな天気の日には、撤収が容易な港から近い磯がいいです。すでにこの時には、二人ともだいぶ弱気になってました。

山戸丸は『イカリ』を折り返します。船内には5人。皆、『平家』を狙っている模様。
その内の一人が『甲浦の平バエ』で妥協。
S師匠とkazが『大磯』と言うと、先客がいるとのこと。
その直後、船頭から思わぬ言葉が。『トウキン』が空いているぞと。
二人は迷わず下りることにしました。S師匠は何度か下りたことがあり、おいしい思いをしているそうですが、kazは初めて。前々から下りたいと思っていた磯です。
ただ、もう少し状況の良いときに下りたかった・・・。

磯付けする山戸丸は、うねりで何度も磯から離される有様。下りるのにも一苦労です。
あこがれの『トウキン』の上は、寒さと強風と横殴りの雨のトリプルパンチ。
仕掛けを準備する手がかじかんできます。その手を海水で温めながらの釣りなんて・・・。

さて、本日のスタートタックルですが、
・ロッド : Daiwa MEGADRY M2 1.2号(5.3m)
・リール : Daiwa PLAISO 2500LB(スプールをISO Special II 2300LBDに交換)
・道糸 : ナイロン2.5号(サスペンドタイプ)
・ハリス : フロロ1.75号(2ヒロ程度)
・針 : グレ針6号
00号のウキにキザクラクッション水中、6号のハリコミ小次郎を付け、ウキ止め無しの全遊動・沈め釣りです。

こんな天候の中、果たしてこんな仕掛けで釣りになるのか、と思いつつ撒き餌を撒き、仕掛けを投入。
撒き餌には何も浮いてきません。撒き餌に反応するのはカモメだけ。浮いたボイルをおいしそうについばんでいます。
おまけに、強風に道糸がとられ、思うように仕掛けが入っていきません。
後ろからの突風に、前につんのめりそうになることも。手がかじかんで、餌を付ける指が言うことを聞いてくれません。
全く仕掛けが入っていかないので、ウキ止めを付け、ウキを2Bに換え、2Bの水中ウキを付けて仕掛けを強引に沈める手段に出ましたが、これも通用しません。
強風に道糸がとられてしまいます。もちろん付け餌は残ったまま。

寒い。指先が痛い。
ある種の修行めいてきました。心が折れそうになってきました。生まれて初めて、釣りに来て「帰りたい。」と思いました。
AM9:00が近づき、山戸丸が一回目の見回りに来ました。
その時、S師匠の救いの声が・・・「帰るか? 釣りよりも自分の体の方が大事じゃ。」
kazは大きくうなずき、すぐさま撤収準備。山戸丸に大きく手を振り、「救助」?してもらいました。
船頭の「磯代わりか?」という問いに大きく首を振り、「帰る」の一言。
ええ、そうですとも、二人は根性無しです。根性無しで結構。

港に戻り、船から下りたときの安堵感といったら・・・どう表現したらいいのでしょうか。
船頭のところに救助要請の連絡が続々と入ってきたらしく、すぐさま迎えに出港していきました。
こんな日に釣りなんかしちゃいかん、ことさら磯釣りは無謀。良い勉強になりました。
というわけで、もちろん釣果は無し。あっ、S師匠は大きなガシラを1匹釣ってました。こんな状況の中、魚を釣り上げるのはさすがです。

PM0:00には自宅に到着。日和佐に行ってこんなに早く帰ってきたのは、もちろん初めて。
本当に、どえらい釣行になりました。でも、良い思い出です。ハプニングは後々、笑い話に変わるものです。
早速、リベンジ釣行の計画を立てねば。
posted by kaz at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

不覚!・・・デジカメ忘れた / 日和佐で磯フカセ釣り

寒グレの良い話が聞かれる今日この頃、釣友二人とkazの磯釣りホームグラウンドである日和佐へ出かけました。
AM2:30に自宅を出発。AM3:00に二人と合流。一路、オキアミの解凍予約をしている「いはら釣具 小松島店」へ突撃です。

同行の釣友ですが、一人はkazを磯釣りの世界に引き込んだN師匠、もう一人は、日和佐の磯を熟知したS師匠です。
お二人とも、磯釣りの経験が豊富で、教えてもらうことばっかりです。ご一緒できて、心強いことこの上なし。

AM4:00にいはら釣具に到着。
店の前には、相当な数のオキアミが解凍されています。このオキアミの数で、釣り人の多さが予想できるのですが、今日は・・・だいぶ多そうです。混雑覚悟。
オキアミの生(Mサイズ)とボイル(Lサイズ)の3kgブロック各1枚と、集魚材2袋を仕入れて準備万端。付け餌はボイルで通す予定。

途中の「LAWSON」で人間どもの餌を買って、日和佐の港に到着したのがAM5:00頃。
どうやら一番乗りのようです。まだ真っ暗ですが、星空がきれいで、風も全くありません。良い釣り日和になりそうです・・・と、この時は思いました。
いつもお世話になっている「山戸渡船」(TEL : 0884-77-0059)の船頭さんが出てきて、「早いのぅ、AM6:30頃出船やから、車に乗っとき。」とのこと。
しばし休憩。
AM6:00が近づくと、続々と車が集合。
大盛況。出船時間には、総勢20名を超える釣り人でした。
これだけ多いと、良い磯に上がれるかどうか・・・。

さて、出船前にブログ用の写真でも撮っておくか、とカバンの中を見てみると、無い。カメラが無い。
kazめ、不覚にもカメラを忘れてしまいました。
というわけで、今回の記事は少々色気の無いものになってしまいましたが、あしからずご了承ください。

AM6:30に出船。港を出たところで、3隻の船で磯割り抽選。
山戸丸は甲浦の平バエより下に決定。船は速度を上げ、日和佐の絶景を右手に甲浦の平バエを目指して滑走します。
日和佐の磯釣りの魅力の一つが、この景観。陸側からは決して見られない景色は、何度見ても飽きません。釣り人の特権。

S師匠が、「人も多いし、万が一、甲浦の平バエで降りる人がいなかったら降りようや。降りる人がおったら、折り返して平家まで戻って来よう。」とのこと。
甲浦の平バエに着き、船頭の「降りる人おらんかい?」の声に一瞬間があったので、チャンスと思いkazは手を挙げました。結果、無事、3人で降りることができました。
一級磯、「甲浦の平バエ」を貸し切りです。
磯に降りると、港とは違って結構風が強い。
幸い、船着きが追い風になるので、3人並んで竿を出すことに。

本日のスタートタックルは、
・ロッド : 宇崎日新 ゼロサム磯 1.25号
・リール : Daiwa PLAISO 2500LB(スプールをISO Special II 2300LBDに交換)
・道糸 : ナイロン2.5号(サスペンドタイプ)
・ハリス : フロロ1.75号(2ヒロ程度)
・針 : グレ針6号
00号のウキにJ6のキザクラJクッション水中、ハリスの真ん中にTipio Sinkerの-G8、8号のハリコミ小次郎を付け、ウキ止め無しの全遊動・沈め釣りです。

撒き餌をして、仕掛け投入。
仕掛けがなじみが良くありません。当潮でウキが手前に流されてしまいます。
これはたまらんと、遠投。沖の様子を探ってみると、潮はあまり流れていませんが、なんとか仕掛けがなじんでくれます。
何度かの投入の後、手元にアタリが。すかさずあわせるものの、あまり大きな魚ではなさそう。
上がってきたのは、24cmのイサキでした。今日一匹目だったので、とりあえずキープ。塩焼きサイズですな。
その直後、隣のN師匠の竿が大きく曲がりました。こちらは35cmはあろうかというイサキ。良いサイズです。刺身サイズです。
イサキは群れでいる魚なので、もう少し釣れるかなと思ったのですが、その後が続きません。
餌取りはいるようなのですが、何も針に掛からず、3人に静かな時間が流れます。
時間だけでなく、潮もあまり流れてくれません。

kazとS師匠が、それぞれカワハギを1枚ずつ追加したのみで、時間が過ぎていきます。
そのうち、風がぴたっとやんだかと思うと、こんどは向かい風が吹き始めました。
それも時間が経つにつれて強くなっていきます。
風が弱くなるタイミングを見計らって仕掛けを投入するも、風で手前に押しやられてしまいます。
仕方なく、際狙い。際なら何とか仕掛けも入ってくれます。
ウキ沈めると仕掛けの位置がわからなくなるので、00から0号に交換、キザクラJクッション水中をJ5にサイズアップして仕掛けを入れていると、じわじわとウキがシモリました。
あわせると、良い引きをしてくれます。明らかに今まで釣れたのとは違うサイズの魚。
ただし、ゴンゴン頭を振っています。残念ながらグレではなさそう。
サンノジかな、と思いつつも、上がってきたのは30cmのアイゴ(バリ)でした。これは美味しい魚です。
急いでアイゴばさみととげ切りばさみを取り出し、毒のあるヒレをちょきちょき。ナイフで腹を割いて、内蔵を傷つけないように取り出しクーラーへ。

風もやまず、あまりに釣りにくいので、早めに片付けを済まし、のんびりと迎えを待つことに。ところが、道具を片付けると風も次第にやんでくる・・・悲しいけど、そんなもんです。

ということで本日の釣果。
・イサキ : 1ex. (24cm)
・カワハギ : 1ex. (21cm)
・アイゴ : 1ex. (30cm)
すべてお持ち帰り。

本日の釣果

本命のグレは釣れなかったものの、美味しい魚ばかりでした。
早速、カワハギは夕飯で鍋に入れて頂きました。
アイゴは生姜煮にしてもらおう。イサキは塩焼きかな。

kazにとって、今日が今年の釣り納め。
満足できる釣果にはなりませんでしたが、3人で楽しい時間を過ごせ、良いストレス解消になりました。
これで風が無かったら最高だったのに。
年明け早々にもリベンジ釣行を約束した3人でした。
posted by kaz at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

見えてる大グレは上げられず / 牟岐大島で磯フカセ釣り

日に日に寒さの増す今日この頃。磯の寒グレシーズンももう間近。
シーズンインを待てない釣友からの誘いで、徳島の「牟岐大島」へ出かけることにしました。

kazの磯釣りホームグラウンドは徳島の「日和佐」の磯。今回も日和佐への釣行を予定していました。
ところが、渡船屋へ予約の電話を入れた釣友から、「運動会で日和佐の渡船屋が休み。行き先は牟岐大島へ変更。」との連絡あり。
磯釣り発祥の地とも言われる牟岐大島。難しい釣り場としても有名で、「牟岐大島で釣れるようになったら、どこへ行っても釣れる。」らしいです。
実際、kazは牟岐大島へは、過去一回だけ行ったことがありますが、その時はボウズ。牟岐大島の洗礼を浴びる結果となりました。

AM2:00過ぎに自宅を出発。3人の釣友と合流の後、2台の車に分乗して出発。
まずは、オキアミの解凍予約をしている「いはら釣具 小松島店」へ。
kazはいつも、撒き餌としてオキアミの生(Mサイズ)とボイル(Lサイズ)の3kgブロックを1枚ずつ使います。
徳島では、撒き餌は生が主流なようで、ボイルを使う人は多くないようです。kazは刺し餌にボイルを使いますので、撒き餌にもボイルを混ぜた方が有効なのではと思い、生とボイルのブレンドで通してます。
これに、集魚材2袋を混ぜて、餌の準備は完了。いざ、牟岐港へ。

途中の「LAWSON」でkazの餌を買って、牟岐の港に到着したのがAM5:00過ぎ。
出船まで、準備とおしゃべりをしながらゆっくりと過ごします。
今回お世話になったのが、「山下渡船 海漁丸」(TEL : 0884-72-0449)。
船が港を出たのがAM6:30頃。風も波も、穏やかとはいえない状況で、磯によっては釣りづらくなりそうです。

牟岐港

釣友の一人が1番クジを引き当て、船の代表に。磯割り抽選でもみごと1番を引きました。
我らが船は1番の「ノコギリ」回り。ところが風がまともに当たる場所になるため、やむを得ず、他の場所に後から入らせてもらうことになりました。
で、kazは釣友の1人と「タワラ」に上がることに。すでに先客が2名上がっており、邪魔にならない「オオマクラ」向きに釣り座を構えました。

本日のスタートタックルは、
・ロッド : 宇崎日新 ゼロサム磯 1.25号
・リール : Daiwa PLAISO 2500LB
・道糸 : ナイロン2.5号(サスペンドタイプ)
・ハリス : フロロ1.75号(2ヒロ程度)
・針 : グレ針6号
00号のウキにJ6のキザクラJクッション水中、8号のハリコミ小次郎を付け、ウキ止め無しの全遊動・沈め釣りです。kazの最もベーシックで得意な仕掛けでスタート。

撒き餌をすると、うっすらと魚の姿が確認できました。餌取りでしょうが、魚の活性は悪くないようです。
2〜3投目に水中ウキが引っ張られたので大きくあわせました。それほどは大きくないけど、力強く引いてくれます。グレなら30cm位かな、食べ頃サイズやな、とやりとりしていたところ、浮いてきた魚が白っぽい。やってしまいました。イスズミ(キツ)です。
十分に引き味は楽しめたものの、少々がっかり。即リリース。

潮の流れが複雑なのでしょうか、仕掛けがうまく入りません。入ったとしても、釣れてくるのは小さなアジとネンブツダイ。
どうしたものやらと撒き餌を続けていたら、なにやら大きな魚が撒き餌に浮いてきてます。
40〜50cm以上は優にある茶色の魚。kazは尾長グレとみました。
が、あれほどたくさんの魚が撒き餌に反応してるのに、刺し餌には一向に反応してくれません。
考えたあげく、ノーガンで針から1ヒロ弱のところに0号のハリスウキを付け投入。すかさず撒き餌をかぶせ同調させると、結果はすぐに出ました。
ウキがひったくられる。ロッドを立てる。瞬間、ドラグが鳴る間もなくラインブレイク。とてつもないパワーです。
懲りずに再チャレンジ。またもやウキがひったくられる。今度は何とか最初の突っ込みに耐えたものの、2度目の突っ込みであえなくラインブレイク。針のすぐ上で切られてました。尾長に針を呑まれたようです。
・・・尾長を相手にするにはタックルも腕もあまりにチープ。尾長に遊ばれた感じです。

仕掛けを元に戻し再開するも、仕掛けのなじみが悪く刺し餌が残る状況が続いたので、釣り座を変更。釣友の横の「ホリモン」向きに竿を出しました。釣友はここで2枚のイサキを上げています。
当潮気味でしたが、さっきの場所とは違って仕掛けはなじんでくれます。
ラインを送り仕掛けを深く入れていると、ロッドをひったくるアタリ。しかし、ロッドを構える暇もなくラインブレイク。今度はいったい何がきたのでしょうか。全く太刀打ちできません。
その後、同じように攻めて、同じようにラインを切られること数回、結局正体のわからないまま、迎えの船に乗り込むこととなりました。

本日の釣果・・・恥ずかしい。
・イスズミ : 1ex. (25cm)
・尾長グレ : 1ex. (13cm)
・アジ : 多数
・ネンブツダイ : 多数
もちろん、すべてリリース。帰りのクーラーは、とても軽かった・・・。

別の磯に上がった2人は、アジに悩まされたそうですが、30cmオーバーの口太グレをゲットしてました。うらやましい。

とにかく、ハリスを大量消費した一日でした。
近々リベンジですな。でも、行き先は日和佐だ。
posted by kaz at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。