2008年03月09日

おとなしく留守番・・・するわけありません。 / 高松市F地区でメバル釣り

kazの奥さんは昨日・今日と、「kazの実家家族 + 奥さんの実家家族」と一緒に、兵庫県の香住町へ「松葉ガニ」三昧旅行にお出かけ。
悲しいかな、kazの休日は今日のみ、ということで、ミニチュアダックスの“はな”とお留守番です。

まあ、留守番役と言ってもkazがおとなしくしているはずもなく、誰に遠慮する必要もなく一ヶ月ぶりの釣行を決めました。
行き先は、毎度おなじみ高松市のF地区
ターゲットは一も二もなく「メバル」。ブツエビエビ撒き釣りです。
釣り情報では海水温が安定していないせいで釣果にムラがあるとのことですが、今日はどうでしょうか。

AM7:00前に自宅を出発。
3月に入って、昼間は暖かい日もありますが、早朝はまだまだ寒いですなぁ。愛車のSUBARU「R2」のフロントガラスが霜で凍り付いています。
餌は屋島の「藤本つりぐ」で仕入れ。ブツエビを2合です。

AM7:30にF地区到着。
毎度のことながら先客もおらず、今日も貸し切り状態。

F地区

早速、仕掛けの準備に取りかかります。
本日のタックルは、
・ロッド : 宇崎日新 プロステージ 2WAY攻堤メバル 硬中硬 7.1-6.2m
・道糸 : ナイロン1.5号
・ハリス : フロロ0.8号(矢引程度)
・針 : メバル針8号

ウキは2B程度の棒ウキを使用。
まずはブツエビを杓で掬って撒きます。
まさに『メバル凪』。釣果が期待できそうです。
・・・が、ウキに全く反応なし。付け餌もそのまま残ります。
ウキ下を変えたり、投入ポイントを移動しても全くダメ。
F地区でここまで反応が無いのは初めてです。
正直、F地区で初めてのボウズを覚悟しました。
そんなときの救世主が「クジメ」。
ゆっくりとウキが入っていったのであわせると、上がってきたのが18cmのクジメでした。
救われました・・・。

結局、魚信はこれっきりでした。本命には出会えずじまい。
リリースしてあげたかったのですが、針を呑んでいたためお持ち帰り。

本日の釣果(F地区)

今は一年で海水温が一番低い時期。
もう少しすれば水温も上がり、魚の活性も上がってくるんでしょうね。
春の到来にはもう少し時間がかかりそうです。
posted by kaz at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。