2008年02月05日

思いつき釣行 / 高松市F地区でメバル釣り

今日は会社の休日・・・のはずが、休日出勤を命ぜられて、ストレス指数急上昇。
ストレス解消に一番効くのは、もちろん釣り。
携帯で今夜の天気情報をチェックしてみると、曇りだけど、風も波も穏やかな模様。
明日は代休だし、これは行くしかないでしょう、ということで、急遽、夜釣りに行くことにしました。

ターゲットは言わずもがなのメバル。この時期の夜釣りとなると、メバル以外に選択の余地無しです。
行き先は、遠出は無理なので、高松市内のF地区。ワンパターンですが、何か釣れる場所なので。
仕事が終わるとダッシュで帰宅。まだ帰っていない奥さんに、「釣りに行きます。」とメールし、餌を仕入れに「ジャンプワールド今里店」へ。
今宵の餌は、イシゴカイアオイソメ。虫餌勝負です。

高松市朝日町のF地区にPM6:45に到着。
本日のタックルは、
・ロッド : がまかつ がまメバル一波・II (振出) 硬調5.3m
・道糸 : ナイロン1.5号
・ハリス : フロロ0.8号(矢引程度)
・針 : メバル針7号

今日は延べ竿での探り釣りで攻めます。
メバルの探り釣りですが、kazは数回しかやったことが無く、まだ自分なりの釣り方を確立できていません。修行中と言ったところ。
道糸にケミホタルを付け、ハリスの真ん中にB2のガン玉を打っただけの仕掛けでスタートです。

テトラに上がり、仕掛けを振り込み、底まで沈め、じわじわ手元まで探ってみます。
「こんな釣り方でええんやろか?」と思いつつ、探りを繰り返していると、ぶるぶると小さなアタリが感じられました。あわせるものの、魚はのりませんでした。が、とりあえずアタリを感じられたので、間違ったことはやっていないんでしょう。
テトラの上を平行移動しながら、探りを繰り返します。
それにしても、風が無くて釣りやすい夜です。

しばらくして、再びぶるぶる。
軽くあわせると、今度はちゃんと掛けることができました。
12cm位と小さいですが、本命のメバルです。
とりあえず一安心。釣り方は間違っていないようです。
リリースしようかとも思ったのですが、最初の1匹だったので、腰に下げたウエストクリールに入ってもらいました。

同じ場所でもう1匹追加した後、しばらくはアタリもなく、静かな時間が流れます。
それでもめげずに探り続けていると、ぶるぶるじゃなく、ガツンというアタリ。
すかさずあわせると、重い。ものすごく重い。よく引く。メバルだったら自己記録更新間違いなし。
何とか水面まで浮かせるものの、重くて抜き上げられません。
水際まで近づき、道糸をたぐり上げ、ようやく姿を確認。
22cmの丸々と太ったガシラ(カサゴ)でした。
それにしてもF地区のガシラは大きい。kazの自己記録のガシラは24cmですが、それもここF地区で釣っています。
自己記録には及ばないものの、十分に満足のいくサイズでした。

気を良くして同じように探っていると、今度は居食いのようなかすかなアタリ。
あわせると、またまた重くてよく引きます。
今度は21cmのガシラでした。
20cmオーバーのガシラが連チャンとはワンダフルな状況ですが、今宵はこれで終わりませんでした。
さらに20cmのガシラを追加。20cmオーバーの3連チャンです。
何という夜でしょうか。最高の気分です。

その後もガシラ1匹とメバル2匹を釣り上げ、空腹がMAXに達したPM10:00に納竿としました。
本日の釣果です。大物に大満足。
・メバル : 4exs.(12〜14cm)
・ガシラ(カサゴ) : 4exs.(17〜22cm)

お持ち帰りはごらんの通り。小さなメバルはリリースしとけばよかったと、ちょっぴり反省。

本日の釣果

延べ竿1本でのメバルの探り釣りに格好良さを感じ、ぜひ会得したいと思ってました。
完全自己流で、効率の良い釣り方をしているのかどうかはわかりませんが、とりあえず結果が出たので良しとしましょう。
修行はまだまだ続きます。早くモノにしたいところです。
posted by kaz at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。