2008年01月26日

釣りの誘いはお断りしません / さぬき市長浜漁港でメバルの夜釣り

仕事が終わったのがPM5:30頃だったでしょうか。
携帯を見ると、着信あり。S師匠からです。
「何事?」と思いつつ電話してみると、「今からSoさんとメバルを釣りに行くんやけど、お前も来んか?」とのこと。
kazが釣りのお誘いを断るはずもなく、速攻で「行きます。」と返事し、取り急ぎ帰宅。
晩飯を大急ぎで胃袋に詰め込み、防寒にこれでもかと重ね着して、半分あきれ顔の奥さんに見送られながら出発。
ラッキークリーク高松店」で、イシゴカイシラサエビを買って、目指すはさぬき市の長浜漁港です。
ここはS師匠のホームグラウンド。暖かくなるとチヌもよく釣れます・・・kazはここでは釣ったことがないけど。

高速をかっ飛ばし、長浜漁港到着がPM7:45頃。
すでにお二人の車が停まってます。
波止の先端付近に陣取るお二人は、未だノーフィッシュ。干潮の潮止まりで、潮が動き始めるのはこれからのようです。
風もなく穏やかで、まさに『メバル凪』の状況。

さて、本日のスタートタックルですが、
・ロッド : Daiwa BLAZON 1号(5.2mマルチ)
・リール : Daiwa CALDIA KIX 1500
・道糸 : ナイロン2号(フロートタイプ)
・ハリス : フロロ0.8号(矢引程度)
・針 : メバル針7号
B4号の棒ウキの先端にケミホタルを付け、遠投対策にB3の水中ウキ、ハリスの真ん中に1号のジンタンを打ったお手軽仕掛けです。

ウキ下を調整しながら、餌もシラサエビとイシゴカイを交互に試すも、魚信はありません。
餌取りも活動していないようで、針に餌が残ったままの状況が続きます。
「誰か何でも良いから1匹釣らんかのぅ。」とは、S師匠のお言葉。
確かに、1匹でも釣れれば、テンションも上がるんですが。

しばらくすると、ウキを付けず底を探っていたSoさんが細長い魚を釣り上げてきました。
ライトで照らすと、立派なハゼ。この時期のハゼとなると、越冬ハゼでしょうか。
魚の姿を見られて、少しやる気も出てきました。

次に魚を掛けたのはS師匠。波止際で小さなガシラ(カサゴ)を釣り上げました。
それを見て、kazも波止際狙いに変更。
しばらくは反応がなかったのですが、根気よく攻めていると、ウキが消し込まれました。
慎重に合わせます。引きからして大きくはありません。上がってきたのは14cm位のガシラでした。
ボウズからの脱却に一安心です。
その後も同じように際狙いで、1匹目より小さいガシラを追加。PM10:00に納竿としました。

というわけで、本日の釣果は、
・ガシラ(カサゴ) : 2exs.(12cm〜14cm)
獲物はSoさんに持って帰っていただきました。

一年で一番寒いこの時期の夜釣り。一人で行ってたらすぐに根を上げていたかもしれませんが、三人でわいわい言いながらだったので、寒さもさほど気にならず、楽しい時間を過ごせました。
本命のメバルの顔が見られなかったのが心残りですが、贅沢は言えませんね。
posted by kaz at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ダイワ(Daiwa) 月下美人ライン 彩 150m ク
Excerpt: ダイワ(Daiwa) 月下美人ライン 彩 150m クリアー 2lb 04634501・5号ハリス50mが100円!安いなぁ。・小物購入(ハリス編)・初釣りは武蔵の池・三重県神島のアイナメ・カレイ・去..
Weblog: 釣りを...
Tracked: 2008-01-28 12:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。