2008年01月06日

釣り初め・・・しばれるねぇ / 高松市F地区でメバル釣り

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
今年も、「kazの釣遊空間」をよろしくお願いいたします。
時間の許す限り釣りに行きまくります。新年の決意。

さて、釣り初めでボウズはしゃれになりません。となると、行き先は、「ボウズ知らずのF地区」。狙うはもちろんメバル
昨年の釣り納めも高松市朝日町のF地区。2連チャンです。

AM6:00起床。
愛車のSUBARU「R2」のフロントガラスが霜で凍り付いていました。
寒い。

餌を仕入れに「藤本つりぐ」へ。
当然のごとくブツエビを買おうとしたら、何と売り切れ。
聞けば、昨日、在庫をすべて買い占めた客がいたとか。
今日の午後には入荷するとのことですが、待てるわけもなく、餌をシラサエビに変更。
これが釣果にどう影響することやら。

AM7:30にF地区に到着。
kazが竿を出す場所には、今日も誰もいません。
それにしても寒い。フィッシンググローブをしてても、指先が凍えます。

本日のタックルは、
・ロッド : SHIMANO 鱗海0 53SI
・リール : SHIMANO BIOMASTER XTL1000
・道糸 : ナイロン2号
・ハリス : フロロ0.8号(矢引程度)
・針 : メバル針6〜7号

代わり映えのしない、kazの定番タックルです。
2Bのドングリウキをウキ下1.5ヒロ程度になる位置に楊枝で固定。
シラサエビを勺で掬い、飛び出さないよう手で覆って思いっきりシェイク。
シラサエビは水面近くを泳ぐ習性があります。そのため、シェイクして弱らせないと、メバルのいるところまで撒き餌が届かないんです。
それに比べてブツエビは、水に潜る習性があるので、何もせずにただ撒くだけで、メバルのいる水深まで潜り、活性を上げてくれます。
シラサエビをエビ撒きに使うのはちょっと面倒ですね。

釣りを開始して第2投目。際のテトラ近くを流しているとウキがじわりと消し込まれました。
あわせると、小気味よい引き。
メバルだったらいいサイズかな、と思っていると、上がってきたのがタケノコメバル
今年の記念すべき一匹目はタケノコメバルでした。
さい先の良いスタートです。

二匹目のドジョウを狙ったんですが、その後が続きません。
アタリはあるものの、乗らない。餌が半分だけかじられる。そんな状況が続きます。
あわせを遅らせてみると、正体判明。ベラでした。速攻でお帰り頂きました。

タケノコメバルを釣り上げてから2時間くらい経ったでしょうか。
ようやく本命のメバルが来ました。
サイズは小さいものの、本命に一安心。
その後、ぽつぽつと本命を追加し、餌の無くなったAM11:30に納竿としました。

本日の釣果です。F地区らしくどれもサイズは小さいですね。
・メバル : 5exs.(12〜14cm)
・タケノコメバル : 1ex.(18cm)
・チヌ : 1ex.(12cm)

お持ち帰りはごらんの通り。

本日の釣果(F地区)

シラサエビが撒き餌として効いているのかどうか、よくわかりませんでした。
ブツエビが使えてたら、状況が違ってたかもしれません。
もう少しサイズの大きいやつを、もっとたくさん釣りたかった。
う〜ん、消化不良。早々にリベンジですな。
posted by kaz at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。