2007年12月16日

小魚との戯れ / 高松市F地区でメバル釣り

先週の日和佐釣行が、今年の釣り納めになるはずでしたが、予定変更。急に仕事を休めることになり、ちょこっと高松市朝日町F地区へ、メバルエビ撒き釣りに行くことにしました。
間違いなく、今日が今年の釣り納め。ボウズは何としても避けたいので、確実に“何か”は釣れるであろうということで、F地区に行くことにした次第です。

藤本つりぐ」でブツエビを購入し、9:00過ぎに現場へ突入。
kazが竿を出す場所には、いつもながら誰もいません。
穴場なんです。

本日のタックルは、
・ロッド : SHIMANO 鱗海0 53SI
・リール : SHIMANO BIOMASTER XTL1000
・道糸 : ナイロン2号
・ハリス : フロロ1号(矢引程度)
・針 : メバル針6〜7号
延べ竿でも良かったんですが、より広範囲を攻められるということで、リールロッドを選択。
2Bのドングリウキをウキ下1.5ヒロ程度になる位置に楊枝で固定。
風がおさまるタイミングを見計らって、ブツエビを撒き、釣り開始。

餌取りが多いようです。
ウキが微妙な動きをしたかと思うと餌が取られています。
特に岸際がひどいので、沖側を狙っているときれいにウキが消し込まれました。
すかさずあわせると、明らかにメバルとは違う引き。
上がってきたのは、ちっちゃなチヌ
餌取りも多いし、おまけに小チヌまで釣れる状況からすると、まだ水温が高いのでしょうか。
小チヌを数匹追加した後、ようやく本命のメバルをゲット。
餌取りに負けずに、もっと刺し餌を食ってくれよ、っていう感じです。

その後に釣れたのが、意外な魚・・・タケノコメバルでした。
香川県の水産試験場が放流に力を入れている魚です。その放流の成果でしょう。
引きはメバルよりも強く、なかなか浮いてきてくれませんでした。
さらなる放流で、もっと増えて、もっと身近な魚になってくれると嬉しいですね。

12:30に納竿。結局メバルは五匹。F地区のエビ撒き釣りでは少ない方です。
今後、さらに水温が下がって餌取りの活性が落ちたら、釣果は上がっていくでしょう。

本日の釣果です。サイズは小さいものばかりでしたが、バリエーション豊か。
・メバル : 5exs.(12〜14cm)
・チヌ : 6exs.(11〜16cm)
・タケノコメバル : 1ex.(17cm)
・ウミタナゴ : 1ex.(18cm)
・チャリコ : 1ex.(14cm)
・カサゴ : 1ex.(10cm)

お持ち帰りはごらんの通り。

本日の釣果

「ボウズなしのF地区」は今回も証明されました。
大物は望めませんが、短時間で十分に楽しめる釣り場です。
ちなみにメバルとタケノコメバルは煮付けで、その他は唐揚げにして頂きました。
タケノコメバルの煮付けを初めて食べましたが、非常に美味しい魚でした。もっともっと釣れるようになるよう、香川県にはがんばってもらいたいものです。

正真正銘、今年の釣りはこれで終わり。
来年の釣り初めも、メバルかな。
posted by kaz at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。