2007年11月13日

思わぬ外道にニンマリ / 篠尾漁港でメバル釣り

仕事が休みの火曜日、午後から時間ができたので釣りに行くことに。
行き先は、高松市庵治町の篠尾漁港。ターゲットは、少し時期が早いかなと思いつつもメバルに決定。
メバルは、冬の間のkazのメインターゲット。冬にはまだちょっと早いので、今日は様子見です。

冬のメバルのシーズンには、kazはもっぱらブツエビのエビ撒き釣りでメバルを狙います。
しかし、まだ海水温は20℃。エビを撒いて餌取りにやられるのも悔しいので、本日の餌はシラサエビに決定。

篠尾漁港

篠尾漁港に向かう途中の「藤本つりぐ」でシラサエビを購入し、13:00過ぎに現場へ突入。
平日なので釣り人は少ないと思ってたんですが、意外にも5〜6人の先客が。
どうやら皆さん、サヨリ釣りのようです。見ていると、30cm近くの太いサヨリが入れ食い状態のようです。

次々に釣り上げられるサヨリを横目に、釣りの準備。
本日のタックルは、
・ロッド : SHIMANO 鱗海0 53SI
・リール : SHIMANO BIOMASTER XTL1000
・道糸 : ナイロン2号
・ハリス : フロロ1号(矢引程度)
・針 : メバル針6〜7号
柔らかい竿が好みのkazは、今日も0号の竿を使用。
2Bのドングリウキをウキ下2ヒロ程度になる位置に楊枝で固定し、釣り開始です。

1投目からウキが勢いよく消し込まれます。
すかさずあわせると、なかなかの引きですが、メバルではなさそう。上がってきたのはウミタナゴでした。メバル釣りの外道の定番。

その後しばらくは餌取りとの戯れ。
尾掛けのシラサエビの頭だけがかじられているところを見ると、どうやら敵はフグのようです。
諦めず仕掛けを流していると、またまた勢いよくウキが消し込まれました。
あわせると、先ほどのウミタナゴとは違う強い引き。
0号の竿がきれいに弧を描きます。ゆるめに設定したドラグがうなりを上げるので、慌ててドラグを締め直します。
2回3回と突っ込みを繰り返す獲物。上がってきたのは20cm今日のグレでした。よく引くはずです。

予想外の外道に気をよくするものの、その後は餌取りの猛攻。フグ、イソベラ、キュウセン、アナハゼとお客様は多彩でした。
「勘弁してくれ〜。」と思い始めたところで、またまた良いアタリ。ようやく本命のメバルの登場です。17cm。まあまあのサイズです。
その後、もう一回メバルがヒット。グレは何と3枚プラスできました。
日も傾き、急激に冷えてきたこともあり、16:00過ぎに納竿としました。

本日の釣果です。
・メバル : 2exs.(16〜17cm)
・グレ : 4exs.(19〜21cm)
・ウミタナゴ : 1ex.(18cm)
すべて、お持ち帰り。

本日の釣果

本命のメバルも顔を見せてくれました。エビ撒きでの数釣りも望めるかもしれません。
それより何より、小さいながらもグレがこれほど釣れるとは。磯に出かけなくてもいいじゃない、って言われそうです。フカセで狙えばもっと釣れるかもしれません。
短時間でしたが、楽しい釣りでした。
posted by kaz at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。