2007年10月07日

これってメッキ!? / 生島港で五目釣り

世の中、三連休だと騒がしいですが、kazの休みは今日だけ。
奥様は、お義母さんと隠岐へ旅行中。何もしないのはもったいないので、ちょっくら釣りに出かけました。
チヌのダンゴ釣りにしようかとも思ったのですが、準備が面倒なので、お手軽な探り釣り。
行き先も近くの高松市生島港となりました。

生島港は、晩秋に大型のハゼが釣れます。自己記録の24cmのハゼもここで釣りました。
でも、今は晩秋と言うにはちょっと早く、型は望めません。食べられるサイズが釣れればいいや、っていう心構えです。
フィッシングタイガー高松鶴市店」でイシゴカイとアオイソメを買い、いざ、現場へ。

生島港

本日のタックルは、
・ロッド : Daiwa PHANTOM-TR 702ULRS
・リール : SHIMANO BIOMASTER XTL1000
・道糸 : ナイロン2号
・ハリス : フロロ1号(矢引程度)
・針 : チヌ針1.5〜2号
1.5号のナツメ錘を道糸に通し、サルカンでハリスと結んだだけの超簡単な・・・手抜きの仕掛けです。
ウルトラライトのトラウトロッドを使うのがkaz流。リールのドラグをゆるめに設定。これに20cmオーバーのハゼがヒットすると、ロッドはきれいな弧を描き、ドラグを鳴らせてくれ、その引きを十分に楽しめます。不意の大物にも、リアドラグで対応可。

AM8:00に釣りを開始。
アタリはあるものの乗らないこと数回、ようやくの獲物はチャリコ(ちっちゃなマダイ)でした。
チャリコの連続の後、時合い到来。チヌキビレのラッシュです。このタックルで手のひらサイズのチヌがヒットしたら、いったいどんな大物が?というくらいのファイトをしてくれます。しばらく1キャスト1ヒットの状態がしばらく続いたかと思うと、ぴたっとアタリが止まりました。これが海釣りの謎。今まで釣れていたのが嘘のように、アタリが全くなくなりました。餌もとられません。
そんな状態が1時間程度続いたでしょうか。仕掛けを回収しようとリールを巻いていると、突然ガツンとアタリが。どういうこと???と思いつつ、ドラグを調整。なかなかのファイトで、おまけによく走ります。揚がってきた獲物にびっくり。メッキ(ギンガメアジ)でした。
メッキと言えば、太平洋の魚というイメージで、瀬戸内で釣れるという話を聞いたことがありませんでした。近年の海水温の上昇が、メッキの北上を可能にしたのでしょうか。驚きです。
その後は、アタリらしいアタリもないので、正午過ぎに納竿としました。

そんなこんなで、本日の釣果。五目達成です。
・チヌ : 5exs.(12〜18cm)
・キビレ : 2exs.(18cm)
・メッキ : 1ex.(19cm)
・チャリコ : 4exs.(11〜12cm)
・ハゼ : 3exs.(10〜16.5cm)

ハゼ釣りの予定が、ハゼは完全に脇役になってしまいました。まだ時期尚早かな。
お持ち帰りはごらんの通り。リリースサイズのチヌやチャリコでも、針を飲んだやつは持って帰りました。

本日の釣果

すべて3枚におろし、フライにしておいしく頂きました。
とりわけメッキのフライは美味でした。
posted by kaz at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハゼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。