2008年06月27日

ご無沙汰してしまいました。 / さぬき市江泊漁港でダンゴ釣り

このブログですが3ヶ月以上放置しっぱなしになってしまいました。失礼しました。
更新をサボってたわけではなく、ただ、釣りに行く時間を作れなかったんです。
で、今日、3ヶ月ぶりの釣行となりました。
時期的なこともあり、ターゲットはおのずとチヌに決定。ダンゴ釣り。行き先は、kazの波止釣りホームグラウンドであるさぬき市津田の「江泊漁港」。

AM6:00に愛車のSUBARU「R2」で自宅を出発。
屋島釣具店」で「本虫」と「生ミック」、「細びきさなぎ」を買い、江泊漁港到着はAM6:45くらいだったでしょうか。
すでに波止には5〜6人の先客が竿を出していました。
平日なのにこれだけの人がいるということは、最近の釣果が悪くないのでしょう。期待が高まります。

江泊漁港

空いてる場所に入らせてもらい、まずはダンゴの準備。
米ぬか 3 + 海砂 1」をベースに、「Daiwa さなぎ細びき」と「Hirokyu 釣りむぎ(大粒)」を適量混ぜ、海水を加えてなじませ、最後に「マルキュー チヌパワー」を混ぜてて仕上げます。kazの定番ブレンド。

本日のタックルは、
・ロッド : SHIMANO 鱗海0 53SI
・リール : SHIMANO BIOMASTER C3000
・道糸 : ナイロン2.5号
・ハリス : フロロ1.25号(2ヒロ程度)
・針 : チヌ針3号
ウキはダンゴ用の玉ウキ。今日のタックルもkazの定番。

まずは本虫を付け餌に、様子を見てみます。
第1投からウキに小さなアタリ。餌取りは活発のようです。
加工オキアミ生ミックと餌を変えつつ、しばらくは餌取りの相手。チヌが集まってくるのを待ちます。
ウキ下をこまめに変えつつ、投入を繰り返しますが、あがってくるのは、ベラハオコゼガシラキュウセンばかり。
周りを見ても誰もチヌをあげてないようです。前日までの雨で、海には程良く濁りは出ていますが、チヌの気配は無し。潮が変われば好転するのか、それとも今日はダメなのか。
餌取りの相手に少々退屈し始めたAM11:00前、また餌取りだろうと消し込まれたウキにあわせると、今までとは違う確かな手応え。0号の竿がきれいに弧を描きます。
あがってきたのは24cmのチヌ。今シーズン初の1匹に頬もゆるみます。

PM3:00前までひたすらダンゴを握り続けましたが、結局はこの1匹だけとなりました。
本日の釣果です。
・チヌ : 1ex.(24cm)
・カサゴ : 2exs.(12〜15cm)
・ベラ、キュウセン、ハオコゼ : 多数

お持ち帰りはチヌ1匹のみ。

本日の釣果

8時間ダンゴを握りっぱなしの割には、釣果が少ない結果となりました。
まあ、1匹ですが釣れたので、贅沢は言えませんね。
ダンゴのチヌ釣り・・・これからが本番です。目標は30cmオーバー。さて、今シーズンは何匹釣れるでしょうか。
posted by kaz at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。