2008年07月05日

食べたくなったので・・・ / 高松市F地区でメバル釣り

そういえばここのところメバルを食べてないなぁ・・・メバルの唐揚げが食べたい、ということで、高松市のF地区へ夜釣りに出かけました。
この時期にメバル釣りはほとんどやったことがなく、メバルが釣れなくても、ガシラ(カサゴ)は釣れるだろう、ガシラの唐揚げでもいいや、という軽い気持ちでの釣行でした。

のんびりと夕食を食べた後のPM7:00に自宅を出発。
ジャンプワールド今里店」でイシゴカイを購入。今日はイシゴカイ一本で勝負です。
F地区到着はPM7:45くらい。
風もなく穏やかな海。梅雨明け直後の夜の海は、暑さも控えめ。夏本番までの猶予期間、といったところでしょうか。
明るさの残る岸壁の上で仕掛けの準備。

本日のタックルは、
・ロッド : がまかつ がまメバル一波・II (振出) 硬調5.3m
・道糸 : ナイロン1.5号
・ハリス : フロロ0.8号(矢引程度)
・針 : メバル針8号

延べ竿での探り釣りです。道糸にケミホタルを付け、ハリスの真ん中にB2のガン玉を打った仕掛け。

テトラに上がり、仕掛けを投入。
干潮を過ぎたばかりで、海面は相当低い位置にあります。潮が本格的に満ち始めた時がチャンスだろうと思ってましたが、それは以外に早くやってきました。
5投目くらいでしょうか、テトラの際を探っていると、手元にプルプルっとアタリが。
すかさず合わせると、あがってきたのは本命のメバルでした。14cmくらいと、さほど大きくありませんが、F地区のアベレージです。
久しぶりに味わうメバルのアタリと引き。この感触がたまらんのです。病みつきになるんです。

その後もテンポ良くメバルが掛かります。
アタリが遠のくとテトラの上を水平移動、そしてメバルを追加、また移動。
そんな感じで餌が無くなるまで釣り続けました。納竿はPM10:45。
サイズ的には小さいものが多かったですが、数には十分満足。

・メバル : 19exs.(12〜16cm)

意外にもガシラは釣れませんでした。この時期、ガシラは釣りにくいんでしょうか。
お持ち帰りはごらんの通り。明日の夕飯はメバルの唐揚げが食卓に並ぶことでしょう。楽しみ。

本日の釣果(F地区)

昼間のチヌのダンゴ釣りも良いですが、暑さを避けた夜釣りも楽しいものです。
欲を言えば、20cmオーバーのメバルを釣りあげたいですね。
posted by kaz at 23:45| Comment(6) | TrackBack(0) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。