2007年11月13日

思わぬ外道にニンマリ / 篠尾漁港でメバル釣り

仕事が休みの火曜日、午後から時間ができたので釣りに行くことに。
行き先は、高松市庵治町の篠尾漁港。ターゲットは、少し時期が早いかなと思いつつもメバルに決定。
メバルは、冬の間のkazのメインターゲット。冬にはまだちょっと早いので、今日は様子見です。

冬のメバルのシーズンには、kazはもっぱらブツエビのエビ撒き釣りでメバルを狙います。
しかし、まだ海水温は20℃。エビを撒いて餌取りにやられるのも悔しいので、本日の餌はシラサエビに決定。

篠尾漁港

篠尾漁港に向かう途中の「藤本つりぐ」でシラサエビを購入し、13:00過ぎに現場へ突入。
平日なので釣り人は少ないと思ってたんですが、意外にも5〜6人の先客が。
どうやら皆さん、サヨリ釣りのようです。見ていると、30cm近くの太いサヨリが入れ食い状態のようです。

次々に釣り上げられるサヨリを横目に、釣りの準備。
本日のタックルは、
・ロッド : SHIMANO 鱗海0 53SI
・リール : SHIMANO BIOMASTER XTL1000
・道糸 : ナイロン2号
・ハリス : フロロ1号(矢引程度)
・針 : メバル針6〜7号
柔らかい竿が好みのkazは、今日も0号の竿を使用。
2Bのドングリウキをウキ下2ヒロ程度になる位置に楊枝で固定し、釣り開始です。

1投目からウキが勢いよく消し込まれます。
すかさずあわせると、なかなかの引きですが、メバルではなさそう。上がってきたのはウミタナゴでした。メバル釣りの外道の定番。

その後しばらくは餌取りとの戯れ。
尾掛けのシラサエビの頭だけがかじられているところを見ると、どうやら敵はフグのようです。
諦めず仕掛けを流していると、またまた勢いよくウキが消し込まれました。
あわせると、先ほどのウミタナゴとは違う強い引き。
0号の竿がきれいに弧を描きます。ゆるめに設定したドラグがうなりを上げるので、慌ててドラグを締め直します。
2回3回と突っ込みを繰り返す獲物。上がってきたのは20cm今日のグレでした。よく引くはずです。

予想外の外道に気をよくするものの、その後は餌取りの猛攻。フグ、イソベラ、キュウセン、アナハゼとお客様は多彩でした。
「勘弁してくれ〜。」と思い始めたところで、またまた良いアタリ。ようやく本命のメバルの登場です。17cm。まあまあのサイズです。
その後、もう一回メバルがヒット。グレは何と3枚プラスできました。
日も傾き、急激に冷えてきたこともあり、16:00過ぎに納竿としました。

本日の釣果です。
・メバル : 2exs.(16〜17cm)
・グレ : 4exs.(19〜21cm)
・ウミタナゴ : 1ex.(18cm)
すべて、お持ち帰り。

本日の釣果

本命のメバルも顔を見せてくれました。エビ撒きでの数釣りも望めるかもしれません。
それより何より、小さいながらもグレがこれほど釣れるとは。磯に出かけなくてもいいじゃない、って言われそうです。フカセで狙えばもっと釣れるかもしれません。
短時間でしたが、楽しい釣りでした。
posted by kaz at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

見えてる大グレは上げられず / 牟岐大島で磯フカセ釣り

日に日に寒さの増す今日この頃。磯の寒グレシーズンももう間近。
シーズンインを待てない釣友からの誘いで、徳島の「牟岐大島」へ出かけることにしました。

kazの磯釣りホームグラウンドは徳島の「日和佐」の磯。今回も日和佐への釣行を予定していました。
ところが、渡船屋へ予約の電話を入れた釣友から、「運動会で日和佐の渡船屋が休み。行き先は牟岐大島へ変更。」との連絡あり。
磯釣り発祥の地とも言われる牟岐大島。難しい釣り場としても有名で、「牟岐大島で釣れるようになったら、どこへ行っても釣れる。」らしいです。
実際、kazは牟岐大島へは、過去一回だけ行ったことがありますが、その時はボウズ。牟岐大島の洗礼を浴びる結果となりました。

AM2:00過ぎに自宅を出発。3人の釣友と合流の後、2台の車に分乗して出発。
まずは、オキアミの解凍予約をしている「いはら釣具 小松島店」へ。
kazはいつも、撒き餌としてオキアミの生(Mサイズ)とボイル(Lサイズ)の3kgブロックを1枚ずつ使います。
徳島では、撒き餌は生が主流なようで、ボイルを使う人は多くないようです。kazは刺し餌にボイルを使いますので、撒き餌にもボイルを混ぜた方が有効なのではと思い、生とボイルのブレンドで通してます。
これに、集魚材2袋を混ぜて、餌の準備は完了。いざ、牟岐港へ。

途中の「LAWSON」でkazの餌を買って、牟岐の港に到着したのがAM5:00過ぎ。
出船まで、準備とおしゃべりをしながらゆっくりと過ごします。
今回お世話になったのが、「山下渡船 海漁丸」(TEL : 0884-72-0449)。
船が港を出たのがAM6:30頃。風も波も、穏やかとはいえない状況で、磯によっては釣りづらくなりそうです。

牟岐港

釣友の一人が1番クジを引き当て、船の代表に。磯割り抽選でもみごと1番を引きました。
我らが船は1番の「ノコギリ」回り。ところが風がまともに当たる場所になるため、やむを得ず、他の場所に後から入らせてもらうことになりました。
で、kazは釣友の1人と「タワラ」に上がることに。すでに先客が2名上がっており、邪魔にならない「オオマクラ」向きに釣り座を構えました。

本日のスタートタックルは、
・ロッド : 宇崎日新 ゼロサム磯 1.25号
・リール : Daiwa PLAISO 2500LB
・道糸 : ナイロン2.5号(サスペンドタイプ)
・ハリス : フロロ1.75号(2ヒロ程度)
・針 : グレ針6号
00号のウキにJ6のキザクラJクッション水中、8号のハリコミ小次郎を付け、ウキ止め無しの全遊動・沈め釣りです。kazの最もベーシックで得意な仕掛けでスタート。

撒き餌をすると、うっすらと魚の姿が確認できました。餌取りでしょうが、魚の活性は悪くないようです。
2〜3投目に水中ウキが引っ張られたので大きくあわせました。それほどは大きくないけど、力強く引いてくれます。グレなら30cm位かな、食べ頃サイズやな、とやりとりしていたところ、浮いてきた魚が白っぽい。やってしまいました。イスズミ(キツ)です。
十分に引き味は楽しめたものの、少々がっかり。即リリース。

潮の流れが複雑なのでしょうか、仕掛けがうまく入りません。入ったとしても、釣れてくるのは小さなアジとネンブツダイ。
どうしたものやらと撒き餌を続けていたら、なにやら大きな魚が撒き餌に浮いてきてます。
40〜50cm以上は優にある茶色の魚。kazは尾長グレとみました。
が、あれほどたくさんの魚が撒き餌に反応してるのに、刺し餌には一向に反応してくれません。
考えたあげく、ノーガンで針から1ヒロ弱のところに0号のハリスウキを付け投入。すかさず撒き餌をかぶせ同調させると、結果はすぐに出ました。
ウキがひったくられる。ロッドを立てる。瞬間、ドラグが鳴る間もなくラインブレイク。とてつもないパワーです。
懲りずに再チャレンジ。またもやウキがひったくられる。今度は何とか最初の突っ込みに耐えたものの、2度目の突っ込みであえなくラインブレイク。針のすぐ上で切られてました。尾長に針を呑まれたようです。
・・・尾長を相手にするにはタックルも腕もあまりにチープ。尾長に遊ばれた感じです。

仕掛けを元に戻し再開するも、仕掛けのなじみが悪く刺し餌が残る状況が続いたので、釣り座を変更。釣友の横の「ホリモン」向きに竿を出しました。釣友はここで2枚のイサキを上げています。
当潮気味でしたが、さっきの場所とは違って仕掛けはなじんでくれます。
ラインを送り仕掛けを深く入れていると、ロッドをひったくるアタリ。しかし、ロッドを構える暇もなくラインブレイク。今度はいったい何がきたのでしょうか。全く太刀打ちできません。
その後、同じように攻めて、同じようにラインを切られること数回、結局正体のわからないまま、迎えの船に乗り込むこととなりました。

本日の釣果・・・恥ずかしい。
・イスズミ : 1ex. (25cm)
・尾長グレ : 1ex. (13cm)
・アジ : 多数
・ネンブツダイ : 多数
もちろん、すべてリリース。帰りのクーラーは、とても軽かった・・・。

別の磯に上がった2人は、アジに悩まされたそうですが、30cmオーバーの口太グレをゲットしてました。うらやましい。

とにかく、ハリスを大量消費した一日でした。
近々リベンジですな。でも、行き先は日和佐だ。
posted by kaz at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。